人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小市慢太郎のブログ

by mop-koichi
 
帰ったよ!
日本は冬やに~。寒いやん。   皆様お元気?

旅先で更新しましたが、かえってきましたよん。

ドバイにいっとった。  なぜドバイ?  友達がすんでいるから。

凄いな、ドバイ。  たかだか50年ほど前までは、ほんまに何にもない砂漠だ。   ほんまに何にもない、砂しかない。 海しかない。 ちょっと潅木みたいなのは生えとるが。

ドバイミュージアムというのがあって、ドバイの文化、歴史なんかを紹介しているのだが、ほんま50年前は、ただのちっちゃい漁村だ。  魚とってみんなで分けて、真珠とって外貨稼いでなんかこうて、で、アラビアンコーヒー飲んで、シーシャという見た目いかがわしい水煙草をすっとったんだ。  どれぐらい前からあの過酷な砂漠に人が住み着き、営んでたのかは知らぬが。
みんな、言やぁ、気のええ田舎の漁師さんたちだ。    大英帝国も、あんまりにも何にもないので、植民地にもせんかったのだろう。  まず、それが良かったな。  多分奴隷制度を経験してないんやと思う。  卑屈な感じが一切なく、とってもオープンな感じ。

話はそれたが、その田舎まちに石油がでて、まー凄い勢いだ。

開発開発また開発!

半世紀であれだけのリゾートを作り上げた。まさに砂上の楼閣。  ドバイ博物館で昔の航空写真を見るまでは、ここが砂漠であった、ということを忘れてしまう。

超高層ビル有り、ぶっとい幹線道路有り、リゾートホテル有り、馬鹿でかいショッピングモール有り、公園有り。    公園なんか、というか道路、街中、いたるところにある緑は、すべてスプリンクラーによって散水することにより維持されているのだ。  つまり金で。

すごいなぁ~。  金使って、水道引いて、水まかんと緑がないねんで・・・。  すごいなぁ。


その、石油を見つけた、と言うかそのとき町に、いや、村に住んでた、もう皆が親戚?ぐらいの人たちが今の王室のかたがたです。漁師のおっちゃんとその息子たち。  なので、王室といっても歴史があるわけもなく。  それがまた良い。  金はそりゃもうブンブンある、が、もとは物のない貧乏な人たち。  言えば「無い」を知っている、あるいは「無し」でやれる人たちなのですな。   多分バブルが弾けて元にもどってもじいちゃんたちあたりは「あ、そう」ってかんじなんちゃうかな~。そんな気がする、言えば、物凄い物質社会の極みみたいなところがあるにもかかわらず、変な厭らしさを感じさせないのだ。 歴史が無いからなのか、もとが貧しかったからなのか、いや、全然嫌味などではなく、本当にすがすがしいくらい物質主義的外装をていしている。
でも人は皆、のんびりで、少しもギラギラしたところが無く、にこやかで、オープンで、いい感じ。

もともとのアラブ人{土着の人}は人口の二割ほどらしく、あとは、色んな国から来た労働者と、セレブなリゾート族。  国際色豊か。   だが、全く差別は無い感じ。  勿論金銭的にはそりゃもう凄い差がありますが、人種的な部分では、全く感じません。   皆ええ感じの人たちです。

結構一杯書いたが、まだまだかけるな~。でも打つのん疲れてきた。

つづく。
by mop-koichi | 2007-01-18 01:27
<< 自然(ジネン) 毎日 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31