小市慢太郎のブログ

by mop-koichi
 
ベイシスト
今テレビをみていましたら、米シスト(ベイシスト)という企業の特集をやっていました。


米を輸出する、というものです。米、日本の米は世界に通用する立派な商品だと。


自分達が食べる米を、作った農家の方達が食べる米を、我が家、と、販売、分けずに、輸出しているそうです。

自分達が食べる米を、消費者に出す。

安心して食べれる米。



私は昔から思っていました。日本は豊かな國である、と。

美しい山、美しい水、艶やかな四季。

こんな豊かな國、なのに、お金を払って米を作らせない、等とは、






「このまま土地を荒らしていいのか」
「農家ならみんな思ってるんですよ、自分の土地すべてに米を作ってみたいと」
「この様に撓わに実った稲穂をみていると、何故か自分は日本人なんだなあ、という気持ちが沸いて来るんです」



印象的な言葉が沢山ありました。





かつての農法から、乾田直撒き農法、というものを採用されたそうです。

水をはったたんぼに苗を植えるのではなく、乾いたたんぼに直接種を撒くそうです。

土の改良により可能になったそうですが、かつての方法より、実が沢山なる様です。



生命力、とは、



私達は自然、に還るべきなのではないでしょうか



食料自給率が何故この國において100パーセントとならないのか私には不思議でなりません。

食べ物、でないもの、は、食べられません。

豊か、である、とは、






日本。





この國の源風景。

誰もが思い描く、日本、の源風景、とは、





このような企業、が、益々栄えますことを心から祈ります。




政治、を、批判しているのではありません。
ただ、日本、に還ろう、と。

私は日本が大好きです。

海外から帰ると梅干しとお茶漬けが食べたいです。

畳み、おふとん、着物、

優しさ、謙虚さ、思慮深さ、和を重んじる心、

日本の文化、が、大好きです。

世界のあらゆる文化に興味があります。



戦争をやめよう。争うことをやめよう。違いを認め、歴史を振り返りなんとか和を為そう。

今、世界において、日本のスピリットが、とてもなにか、



うまく言えませんが、



その現れ、そしてその兆しのようなものを、今日の番組内の農家の方々の言葉にみたような気がして





とても偉そうな、そんな言葉に聞こえましたら、謝罪します。

ただ、ただ、自然に還ろう、と、

伝えたいのは、ただそれだけです。


日本人のもつ、「お蔭様で、」というあの素晴らしい感性。何に、でもなく、が、何かに、あるいは全てに、というこの感性。

それだけで、私は、素晴らしい民族である、と感じるのです。



長々書きました。
あくまで、私、の思い、です。

何かを批判したり、裁いたり、そういう意図は全くありません。

ただ、

大切なものを、大切にしよう、と。





大切なものを、大切にしよう。

私自身、この言葉を今一度感じてみたいと思います。





お休みなさい。

いつもありがとう。
[PR]
by mop-koichi | 2010-12-15 23:48
<< メリークリスマス みなさま >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31